まったり風で忙しない農場ゲームのあれこれ

PCブラウザゲーム「Klondike: The Lost Expedition」のプレイ日記

犬ぞりの乗り方まとめ:ホームから他ロケーションへの移動方法と荷物の積み降ろし

この記事ではホームから他ロケーションに移動するための犬ぞりの画面と全体マップの移動画面の見方、荷物の積み下ろし、犬ぞり以外の乗り物について紹介していきます!


犬ぞりクロンダイクの基本的な移動手段はコレ!

ゲーム開始時から旅を共にするのが犬ぞりです。
種類がいくつかありますが使い方は全て共通です。

犬ぞり

 

犬ぞりの画面の見方:そりのステータス情報と荷台の中身

もしくはそり本体いずれかをクリックすると以下の画面が表示されます。

 

Teamタブ

チームタブの画面はこのようになっています。

犬ぞりのチームタブ画面の説明

③で表示される「Modern Sled」を購入するとこのアイコンは消えます。
⑤のそり本体の装飾はイベントの報酬などで入手できます。
(荷台の見た目が変わるだけで移動距離や積載量に影響はないです)
⑥移動距離、⑦エサの補充、⑧最大積載量、⑨エサの残りの数が遠征に関わる重要な部分です。

 

エサの種類

グレーの犬はおかゆ、白い犬はを食べます。
どちらもホームの納屋でクラフトできます。材料が揃っていれば即クラフト完了!

魚は漁師小屋で浮きをクラフトし川に設置して獲ることもできます。
獲れるまで数時間かかるので予め設置しておこう!
コテージでもクラフトできます。

その他ログボ、タスク報酬、コレクションアイテムとの交換などでも入手できます。
よほど無駄な移動をしなければ不足することはないと思われます。
特に魚はコレクションアイテムの交換により豊富に入手可能です。
ちなみに後々白い犬だけのそりに乗り換えられるため、おかゆは不要になります。

エサの補充

ホームの倉庫、もしくはロケーションの拠点にエサが在庫してある状態にしておきます。
Autoにチェックを入れていない場合は「FEED THE ANIMALS」ボタンが表示されるので、クリックして手動で補充しよう!
そりに補充できるエサの最大量はそりの種類によって異なります。
(上の画像とは別のそりのスクショのため移動距離と積載量の数値が違っています)

犬ぞりのエサやりボタン

そりに補充してあるエサの消費量は移動距離(日数)によって1日1ずつ減っていきます。
例えば片道5日かかるロケーションを往復すると10減ることになります。
移動する度に減っていくのでその都度補充しよう!
移動可能な距離の範囲内であってもエサが足りないと移動できません。

犬のエサの補充はこのチームタブ内の「FEED THE ANIMALS」ボタン(もしくはAutoにチェック)で行います。
そり本体に積んでも、そのままだと「荷物」の扱いで補充はできません。
倉庫や拠点に降ろして「在庫」の扱いにしておく必要があります。

倉庫や拠点に在庫してあるエサの消費量は、そりに1補充×犬の数分です。
犬の数が多いほど消費量も増えます。

 

もし途中でエサがなくなったら?

遠征の途中でエサが不足して移動できなくなった場合、犬ぞりはホームに戻って来れますが、積んでいた荷物は全て消失します。
貴重なアイテムを積んでいたら勿体ない!
そりに補充してあるエサの残量と移動距離には注意しよう!

もし心配なら、遠征先のロケーションの拠点にエサを運んで常備しておけば安心!
もしくは下記にある飛行場を建築しておくと万が一の時に役立ちます。

 

便利なオプション装備:アップグレードアイテムを装備しよう!

そりにはオプションでアップグレードアイテムが装備できます。
スロット数はそりの種類によって異なりますが最大4つまでです。
空きスロットをクリックでアイテム購入画面が表示されます。
既に所持している場合は所持数と、装備する「INSTALL」ボタンが表示されます。

犬ぞりのオプションアイテム購入画面

基本的にエメラルド購入ですが、一部はロケーションでクラフトできたり、タスク完了の報酬などでもらえることもあります。

アップグレードアイテムの種類は主に
・移動距離が増える
・最大積載量が増える
などがあり、永続的な物と一時的な物があります。

犬ぞりオプションアイテムの使用期限

一時的に使用できるアイテムは日数制限が設けられていて、クロンダイクの世界の中で移動に使った日数分が消費されていきます。
(現実世界の日数ではないです)
使用日数が残っていてもアイテムを一度外すと消費扱いで消えるので、慎重に装備しよう!

個人的におすすめのオプションアイテムはコンパスなどの移動距離が延ばせる系です。
(購入していないアイテムがあるのでまだ全て把握できていません)

 

Cargoタブ

貨物タブの画面はこのようになっています。

犬ぞりの貨物タブの画面表示

④の遠征に必要な専用アイテムは荷物の重さに含まれません。
目的地に合わせていちいち積み降ろしする必要がなく、積みっぱなしで問題ないです。
(オプション装備で最大積載量を増やした場合は、これらの重さも含まれるようです)
オプション装備アイテムを1つも積んでいなければこのタブは表示されません。
 アプデで常に表示されるようになりました。
⑦荷物は個別に個数も指定して降ろせます。

 

全体マップの移動の仕方:移動距離・日数・専用アイテムを確認しよう!

全体マップを表示して目的地のロケーションにカーソルを合わせると、ロケーション名の下にホームから移動にかかる距離と日数が表示されます。

全体マップで移動距離と日数の確認

消費されるエサの量と、移動可能な範囲内か確認できます。
ロケーションをクリックすると以下の画面が表示されます。

犬ぞりの移動画面の見方

③④ここでも遠征にかかる日数と、犬ぞりに補充してあるエサの量が確認できます。
⑤の「+」ボタンをクリックすると上記のチームタブが表示され、エサの補充ができます。
⑥の遠征に必要な専用アイテムはそりに積んでいないと不足している旨が表示されて移動できません。
専用アイテムにカーソルを合わせるとどこでクラフトできるか詳細が表示されます。
まだ揃っていなかったら先にクラフトできるロケーションに行こう!
なるべくマップの矢印の進路に沿って進めよう!

⑩の通過ボタンはそのロケーションをスルーして通過するわけですが、直接目的地に行くのと、通過ボタンを利用して合間にあるロケーションをいくつか飛ばして行くのとで違いがよくわかっていません。
(つまり利用しなくても支障はない?)
詳細がわかり次第追記します。

 

移動距離やエサが足りない時は休憩地点を設けよう!

目的地に辿り着くまで移動距離が足りない、そりに補充してあるエサが足りないという場合は、中間くらいの位置に休憩地点を設けよう!
そこのロケーションの拠点に犬のエサを保管しておけば補充ができ、一旦立ち寄ることでそこがスタート地点になるため、総合的に移動距離が延ばせます。

立ち寄る分エサが多く消費されてしまうデメリットがありつつ、グレードの高いそりや装備アイテムが入手できない時はとりあえずこの方法で解決できます。

 

荷物の積み降ろし

ホーム編

荷物を積む場合

そりにアイテムを積む際は倉庫を開き、保管してある各アイテムの右上に表示されているそりボタンをクリックします。
ボタンに表記されている数字は1つ当たりの重さです。
下段の数値を動かしたり、直接入力することで好きな個数をまとめて積めます。
※そりボタンが表示されていないアイテムはそりに積めません。

そりに積めるアイテムにはそりアイコンがついてる

また、ホームで荷物を積み込む時はそりの最大積載量までなら1つ当たりどんな重さでも自由に積むことができます。

 

荷物を降ろす場合

荷物を積んだ状態で他ロケーションからホームに帰ってくると以下のメッセージが表示されます。
メッセージ本文は特に気にしなくて大丈夫!
「LATER」で後で自分で降ろすか、「UNLOAD」で自動で今すぐ全て降ろすか選択できます。
降ろした資源やアイテムは自動で倉庫に収納されます。

ホームに帰ると表示されるメッセージ

「LATER」を選んだ場合、自分で降ろすには上記の「Cargo」タブの画面の「UNLORD」ボタンより個別もしくは一括で降ろせます。

宝箱や資源からは体力を得られることがあるので、体力満タンの状態で降ろした方が最大値を増やせてお得!
「LATER」で自分のタイミングで降ろすのがおすすめです。(もちろん個人の自由)

 

ロケーション編

荷物を積む場合

採掘、伐採した資源は地面に落ちたままの状態なので、カーソルを合わせてクリックしてそりに積みます。(動作は積むと言うかポンポンそりに飛んでいく)
落ちている宝箱や壺も同様にクリックして積もう!

ロケーションでは資源は地面に落ちたままの様子

まとまっていない細かい物は自動で拠点に飛んでいきます。
拠点の中に保管された物も確認して手動でそりに積もう!

拠点の建築が完了していない、そもそも拠点がない場合は直接犬ぞりに飛んでいきます。
拠点がない状態でそりの積載量がいっぱいになると、どれか捨てなければならなくなるので空き容量に注意しよう!

コレクションアイテムは自動でホームの倉庫に送られます。

地面に落ちている物の中で、体力最大値以上の重さの物はそりに積めません。
体力最大値を超えた重さの荷物を積むには体力を増やす必要があります。
(拠点に保管してある物ならホームの倉庫と同じく重さは関係なく積めます)
体力の増やし方は下記の記事にまとめています。

※イベントロケーションは期間を過ぎて閉鎖されると二度と戻れず、拠点に残していた物は消失してしまいます。最後に立ち去る際は忘れずに全部持ち帰ろう!

 

降ろす場合

ロケーションに到着すると積荷に関しての特別な表示は特にありません。
自分で貨物タブを開いて手動で降ろそう!

 


犬ぞりの種類

犬ぞりの種類は全部で8種類あり、ロケーションでアップグレードしていくタイプと、市場でエメラルド消費で購入できるタイプがあります。
補充できるエサの量はメモしていない物があってうろ覚えですが、20日~最長で30日分の範囲です。

 

ロケーションでアップグレードしていくタイプ

Small Sled:移動距離100km、積載量150kg
(一番最初に利用する犬ぞりです)

Light Wind:移動距離125km、積載量190kg
(Wind's SongでSmall SledをMoon stone3個と交換してアップグレードできる)

Eagle Sled:移動距離125km、積載量300kg
(AeryでLight SledをSmall Ruby7個と交換してアップグレードできる)

Shaman Sled:移動距離150km、積載量400kg
(Polar SideでEagle Sledを5-carat Diamond7個と交換してアップグレードできる)

Indigo Sled:移動距離180km、積載量800kg
(IndigoでShaman Sledを15-carat Diamond7個と交換してアップグレードできる)

この中ではIndigo Sledが一番良い性能になっているので、Shaman Sledを入手できたらぜひ寄り道ロケーションのIndigoに行くのがおすすめ!

 

市場でエメラルド消費で購入するタイプ

Large Sled:移動距離100km、積載量250kg
(エメラルド消費いくつで購入できたかスクショ等を残していませんでした)

Freight Sled:移動距離150km、積載量600kg、エメラルド80で購入可能

Modern Sled:移動距離210km、積載量1000kg、エメラルド150で購入可能
(セール時にエメラルド消費99に割引されます)

比較するとロケーションでアップグレードしていくタイプでも十分足りる性能だと思われるため、Indigo Sledが入手できた後に一番グレードの高いModern Sledをセール時に購入するのがおすすめ!
他2つは性能がIndigo Sledより劣る上、エメラルド消費が勿体ない気がします。
実際にLarge Sledは購入しましがた使わなくなり、Freight Sledは購入していません。

適正レベルと言うのか、進行具合に見合ったそりに乗れば負担なく進められます。

 

そりの乗り換え

所有しているそりが複数あると乗り換えが可能です。
倉庫の「Other」カテゴリから選択できます。
ただし乗り換えるとオプション装備は自動で外れてしまうため、使用日数が残っているアイテムを装備している時は避けよう!
積荷も積んだままだと積載量が変わることで強制的に降ろされるかもしれません。
貨物タブの中も空にしてから行おう!

 

犬ぞり以外の移動手段

AERODROME(飛行場)

飛行場を建設すると飛行機で他のロケーションに移動が可能になります。
利用の際には燃料が必要です。
燃料は犬ぞりが軽くて移動距離も近ければ少なく、重くて遠ければ多く消費されます。

飛行機で移動する画面

飛行機で移動し、犬ぞりで帰ってきても飛行機はホームに戻ってきます。
逆に犬ぞりで移動し、飛行機で帰ってきても犬ぞりはホームに戻ってきます。
この謎の便利システムにより、飛行機や犬ぞりを「どこのロケーションに置いてきたか忘れた!」という事態にはなりません。

万が一、犬のエサが足りなくなってホームに帰れない時の手段として役立ちます。
コインと資材に余裕があれば建設しておこう!

 

燃料

飛行機に使われるKerosene(燃料)は報酬やプレゼントでもらえたり、他のロケーションに落ちていたり、入手方法は様々あります。
OIL REFINERYを建設するとクラフトすることもできます。
犬ぞりをメインに使っていれば自然と在庫が貯まるので、無駄な移動を避ければ不足することはなさそうです。

燃料は倉庫の「Other」カテゴリの一番後ろに収納されます。

 

Two-horse harness(馬車)

メインロケーションのIndimでIndigo SledをAmethyst7個と交換して馬車にできます。

馬車

馬車の性能は移動距離180km、積載量900kgで、Modern Sledの方が優れている点と、Indigo Sledと同じ移動距離で積載量も100kg多くなるだけという点を踏まえて、馬のエサを別途用意しなければいけない手間を考えるとModern Sledを購入した方が良さそうに思えます。

高レベルのフレンドのホームに行くと、更に馬が4頭に増えているのでこの馬車もいずれどこかのロケーションで交換でき、Modern Sledよりも良い性能を持った最上級の移動手段になるのかもしれません。(そこまで到達していません)

 

エサ

馬のエサはホームのコテージかIndimの拠点でクラフトできます。
補充の仕方は犬ぞりと同じです。
2頭いるので倉庫のエサの消費量は1補充×2頭分と思われます。